ブログ:2021年もよろしくお願いします!

2021年が始まってすでに17日がたちました。サンクスギビングが終わってから、年が明けるまで充実した日々を送ることができました。

そして、

家族を再認識できた!


息子がハワイに戻ってきてにぎやかになり、家族で食事をとるのも楽しかった。そして、このコロナ禍、ハワイ大学で勉強するために一念発起してやってきたいとこの娘ちゃんも同居し、我が家は少し大きい家族となっています。


クリスマスプレゼントとして息子からもらった エアーフライヤーが、家族に大評判でした。それは娘にも伝染し、購入し、皆で何をつくったか報告しあったりしています。これはちょっとした変化ですね。母として、食べることは、生きるための手段ですし、自分の健康を保つためにも必要だし、子供たちに気になってほしいことでもあったのです。




2020年を回想してみました。


日本で、コロナが渦を巻いて迫ってきたのは2020年1月。その時はまだ、アメリカでもハワイでも確認がされていませんでした。夫の父が2月初めに亡くなったので、彼は日本に向かっていました。そして、ハワイに戻るころには、アメリカでも雲行きが怪しくなっていたのです。


*Hawaii Life Journalをクリックすると、過去のブログに飛びます。

-少しずつハワイでも雲行きが怪しくなっていったのです。->Hawaii Life Journal


-2月後半にはトイレットペーパー事件がありました。->Hawaii Life Journal



日本では、学校が閉鎖になったりして、街に人がいないっていう感じがしていました。そしてあれよあれよという間にアメリカに広がって、3月に入って、ハワイでも、これはいかんぞ…という雰囲気になってきたのでした。


-検査キットがやっとハワイに入ってくるー>Hawaii Life Journal


-3月12日 このころからアメリカがヨーロッパからの入国者を制限し始めました。こりゃ困ったことになってきたぞとという直です。→ Hawaii Life Journal



私の教えているTMCでは、閉鎖はしなかったのですが、春休み中に事態が悪化し、そのまま2週間の閉鎖。その間に、オンラインクラスへの準備と開設に踏み切ったという異例の速さでした。もちろん私も知識も何もなくオンライン授業に入ったのは4月から。


-3月17日 かなり危機的な状況になってきたハワイ → Hawaii Life Journal


-3月23日 ハワイも自宅待機令が発令されました。→ Hawaii Life Journal

これを境に、ハワイの留学生たちが次々と日本に帰っていきました。



まあ、この後はもうご存じの通り、5月には、いったん解除されたものの、7月4日の建国記念日の後からケースが増え、8月には再びロックダウン。いろいろあって現在に至ってます。Hawaii Life Journal


1月17日現在、ハワイは、Tier2という段階に居ます。4つのうちの2つ目です。いまだにチームスポーツは、厳しく制限されていて活動ができません。高校スポーツのOIAとILHは、どちらも、冬と春のスポーツをキャンセルしました。

1月に新しいホノルル市長に交代しています。今の感染者数の増大は、ホリデーでの人の集まりが原因だろうからもう少し様子を見たい、ということで、Tier1に戻すことは今のところはないようです。でもTier3,または4になるのには、長い道のりが必要なようです。



今のところ、よい材料がないのがハワイの状況です。

観光再開するも、日本の感染者数も増え外国人の入国が厳しくなり(もちろん帰国時の規制も厳しいため)、さらに、アメリカへの入国は陰性証明を持って入ることが義務付けですからさらに厳しい状況です。ワクチンの接種も75歳以上の一般の方へ始まりました。その効果がどのように出てくるのでしょうか? それまでに、夏の観光シーズンまでにハワイの体力が持つのでしょうか‥‥



*私個人としては、自分への投資をした2020年でした。それについては、また別のブログで書きたいと思います。