日曜日の朝の悲しい事件

先週は風が強く雨交じりのあいにくの天気がやっと回復してきた週末。そして昨日は、青空がきれいで済んだ空気の日曜日だった。


息子のサッカーの試合に出掛けた私たちは、ハワイカイ方面から黙々と黒い煙が見えて大きな火事だねと話していた。カハラあたりに近づくにつれどうやら煙はダイヤモンドヘッドの向こう側っぽいことが分かった。


Twitter に上がってきたニュースは、警官が打たれ死亡、2人目の警官も重体というものだった。それだけでは、なぜそんなことが起こっているのか知ることができず、そのままフリーウェイを走った。すると、今度は、SWAT(特殊部隊)らしきバンが走っていき、沢山のパトカーや救急車が通り過ぎていった。


何とこの大惨事は、精神障害を持つ69歳の男性が複数の人を殺し、駆け付けた警官3人を射殺し、さらに家に火をつけて7件の家を全焼させたという事件になっていた。今も、詳細は、FBIが調査中だという。事件の場所は、カピオラに公園の東側、ゴールドコーストと呼ばれ歴史的な家屋が多く並ぶ素敵な街だ。1920年ごろに建てられたという家々を含む7件が全焼という悲惨な結果となってしまった。



ニュースや友人の投稿から、普段見かけない特殊部隊の警官たちがライフルを構えているのがわかる。ハワイでライフル銃を撃つのは、ドラマの中だけでいい!



これは、ハワイ中の人たちを震撼させた事件である。

亡くなった若い警官らの死を悲しむ人たちがたくさんいた。

近所の人たちは震えあがっているという。


同じ夜、オアフ島西のワイピオでは、ひき逃げ事件があり、被害者は死亡したというニュースも入った。


何かが変だ!

ハワイはどうしたんだ!

そんな声が多く聞かれるようになったここ数か月間だが、それは私もブログで何回か書いているが本当にそう感じる事件が多い。窃盗や強盗も多い。現に娘の知り合いの住む家の周りでは、車上荒らしが頻繁に発生しているから気を付けるように言われたそうだ。




何とも物騒なハワイになってきたものだ…

自分の身は自分で守るしかない、のだろうか。



息子ともそんな話をしながら、彼は、カレッジへ戻るための飛行機に乗っていった。















© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com