観光客の減少とハワイのビジネス

ハワイの一日のコロナ感染者数はピークを越えた感じがしますが、それでも、今日の感染者数は、 2,380人。島別では、

  • 1,424 were on Oahu

  • 337 on Maui

  • 375 on Hawaii Island

  • 161 on Kauai

  • 7 on Molokai

  • 16 on Lanai

もう少しの辛抱です。



通常クリスマスとお正月が終わると観光業は緩やかに閑散期に入りますそれが、このコロナ禍で観客自体が減っているのとそのほかの理由があると言われ始めています。

確かに、この冬は、日本人観光客はかなり少なくなっていました。それは、日本の水際対策のせいですね。その代わり、アメリカのメインランドからの観光客そして他国の人も入り始めました。ハイキングや買い物時に聞かれるのは、ドイツ語、ロシア語などです。オーストラリアっていう人もいたなあ。




Hawaii News Now はローカルのニュースチャンネルですが、そこからの抜粋です。

Lackluster visitor arrivals trigger new concern for tourism-dependent businesses (hawaiinewsnow.com)


ロコのインタビュー

観光客の減少は、コロナだけではなく、ハワイの経済つまり物価の上昇も関係している

私もそう思いますね。アメリカ国内でも物価高に歯止めが効きません。ハワイはさらにです。多くの人がそう感じていることは間違いないのです。我が家でも、その話がよく話題になります。電気代など、同じように使っていても、石油の値上がりでその分チャージしてくるからです。マーケットに行っても、どの商品も値上げされています。溜息ですね。

かといって給料は上がらず… 自然と財布のひもを締めることになります。


ツアー業もドライバーやミニバンを抱えているのに、一日のツアーは一つあるか無いか。通常なら4つのツアーが一日で埋まるのに、まったくうまらない。


観光業は、ハワイの要です。それが、うまくいかないのです。2月は観光客はさらに減るそうです。その中で生き残りをかけるのは至難の業ですし、これがもう2年ほど続いているので、きっと皆さんつかれていることでしょう。

私の仕事も、日本から頼まれる仕事は止まりました。幸いにも、私のメインの仕事は、ローカル相手の体操の先生ですから、助かりました。それでも、クラス時間が減らされて給料が落ちました。今一つ考えてるプランがあるのです。そろそろ、本腰を入れようかな。