2022年が始まりました!

コロナとともに始まった2020年から約2年を振り返って。



Happy New Year!ようこそ2022年!

今年の年末とお正月は、家族と共に過ごすことができたので、良しとしたい。何の変哲もない、特別でも何でもないその時間の過ごし方がうれしい。子供たちとそのBFとGFを交えて、とりとめのない会話を楽しみ、手作りのこれまた特別ではない料理を食べられることを至福の喜びと思うんだから、歳をとったのかなあ。



娘と家族3人でハワイに来た1998年。そのご家族が一人増えて、子育てと体操を教え息子のサッカーチームのマネージャーをして怒涛のように過ぎた10年。今となっては懐かしい思い出になってる。


2020年3月、コロナの流行が瞬く間にアメリカで広がり、間もなくハワイにもやってきて3月20日には緊急事態宣言、自宅待機令が出てた。息子はカリフォルニアの大学から戻ってオンラインで講義を受けることが数か月。異常とも思えるようなことが次から次へと始まってそれにはついていくのが精いっぱい。私の仕事も、オンラインクラスへの移行し、家から体操と新体操を教えることになる。そのあたりのことは、ブログにも書いたので、興味のある方は是非読んでくださいね。


深刻な危機にあるハワイ暮らし (kukui-hawaiilifejournal.com)


3/19/2020 ハワイコロナウィルス事情④ (kukui-hawaiilifejournal.com)


観光客も在住者も自宅待機令が出た!3月23日(月)午後4時半から (kukui-hawaiilifejournal.com)


3/24/2020 自宅待機令2日目のホノルル (kukui-hawaiilifejournal.com)


オンラインクラスについて (kukui-hawaiilifejournal.com)



今読み返してみても、恐ろしいほどにロックダウンされていたハワイです。でもその頃の感染者数はたったの50人とか100人でビビってた。それが、今や、2000人を超え、3000人も超えているんだからびっくり。


マスクの着用義務も2020年から始まり、マスク着用の習慣のなかったハワイ民が一斉につけだした。今では、学校やインドアでの習い事、お店などでは、必ずマスク着用を求められる。外に関しては、しなくてもよいです。日本の知り合いや友人は、マスクなしで外を歩いていてぷんぷん!って言ってたけど、それはオッケーなのです。とはいえ、今はつけっぱなしで外を歩く人も多いのです。というのも、着けたり取ったりで忘れることもあるからなのです。


私も一度ありました。クラスを教えた後にどうしても買わないといけないものがあって寄った時のこと。車の中ではもちろんマスクはしてません。そのまま、外に出てもマスク着用義務はありません。うっかりマスクを持って外に出ず、そのままSafewayに入って買い物を始めた私。人が少なかったせいもあって、レジに行く直前までマスクしてないことに気づかなかった。誰も言ってくれなかった・・・慌ててきていたシャツで口を覆い、レジに行くと、怒られるかな~と思ったけど、レジの人が、さっとマスクを渡してくれた。は~。

それ以降、車から出るときには、マスクをするようにしています。



2022年が始まって、5日目の今日。感染者数の増大が止まらず、ホノルル市長は、オアフ島の大型イベントの人数を50%までとする案を来週の月曜日から施行すると発表しました。

いつまで続くのか、コロナとのイタチごっこ。