ハワイでお酒はいつから飲めるの?

今年の夏は比較的過ごしやすかったハワイ。が、10月になって蒸し暑い日が数日続き、困った~と思っていたら、土曜になって涼しくなってくれてほっとしています。世界的に、そしてアメリカにとってもハワイにとっても怒涛の年になった2020年も残すところ3か月を切りました。友人や家族にコロナに感染した人がいなかったことは幸いです。


3月にカリフォルニアの大学から戻った息子には、

「お母さんたちは高齢なんだから、僕たちよりも気を付けないといけないんだよ」

と言われ続けました。夫の会社では、従業員がかかって、検査に行くも陰性だったのでほっとした以外は、この7か月近く生き延びています。


その私は、22年前にハワイに流れ着き、たいした病気もせずに健康でいられたのは、昔の健康貯金のおかげかなと思っています。そのことについてはまた後でブログに書いておこうと思います。

ハワイに来て翌年に妊娠をして、生まれてきた長男は(ブログでは怪獣君と呼んでいましたが、大学生になり、ジェントルマンになったのであえて使わずに長男へ昇格!)晴れて21歳になったのです。おめでとう!


ハワイで(アメリカで)21歳になると何ができるかっていうと…


公に、お酒が飲めるということなんですよ。


18歳で、ほぼ大人という扱いになり、たばこも18歳で認められるんだけど、お酒買うのも飲むのもは、21歳というへんちくりんな法律があるのです。レストランなどで、それ以下の年齢の人にお酒を飲ますと、レストランの責任になってしまいます。



日本だと20歳でお酒が飲めるという法律にのっとり、家で飲むときには、お酒オッケーにしてましたが、これからは、自分でお店でお酒が買えて、レストランやバーにも行くことができるようになります。でも、かならず、ID(身分証明)が必要になります。

飲んでも飲まれるなよ~!今度ハワイに戻ったら、みんなでお祝いしよう~!





© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com