ハワイのコロナ感染者数の増加

私たちの周りにも知り合いの知り合いから、友人や会社の従業員がかかるケースが増えてきて身近に感じられます。帰省のためハワイに戻った息子は、友人に会うのが楽しみだったけど、二人がコロナ感染のため会えなかった。うち一人は、12月初めにあったリパブリックのライブに行った後に症状が出て感染が見つかったそうだ。このライブの後はクラスターと言われて多くの人が感染したとみられています。もう一人は、パブに行った後の感染だそうです。


去年までは、身近な人の感染がなかったのですが、この12月に入って、身近な人の感染が増えて怖くなってきました。症状は、様々で、オミクロンかどうかはわからないと言ってます。高熱と咳、そして味覚異常があったそうです。一人は、ワクチン接種完了者でもう一人は、ワクチン未接種です。

さらに、LA在住の友人がカウアイ島から戻ったらコロナ感染だった、という人もいます。



ハワイでもオミクロン株は見つかっています。現在の要請者がどれかは発表は見当たりません。入院などの処置が必要な人は増えているものの、未だ爆発的な数には至っていません。


こんなことを繰り返しながら、ワクチン接種者を増やすしか方法はないのでしょうね。ハワイの副知事は、

”ブースターワクチン(3回目の接種)の要請が必要”

と言っているので、近いうち、ブースターショットを打たないと、レストランやシアターなどへ行けなくなるのでしょうか?



そして、ハワイの観光業は、日本への帰国制限の壁にあって思うように数が伸びていません。知り合いでも数人予約したけどキャンセルした人もいますし、帰国後の三日隔離のうちに戻った人もいます。何かあっても、今は日本に戻れないという心理的な不安はあまり良いものではないです。


あまり、大騒ぎはしたくありませんが、2021年の年末には、ほぼ元に戻るだろうという私の楽観的な予想は物の見事に外れてしまいました。笑

2022年のゴールデンウィークまでには、日本の観光の足も戻るだろうと旅行業界の人が話していましたが、どうやらそれも怪しくなってきましたよね。


どうか皆さん、まずは、規則正しく健康的な生活を心がけて乗り切ってくださいね。