クリステイ・ヤマグチとGolden Moment in Hawaii


私にとって、実に興味深いイベントがこれだった。オリンピックでゴールドメダルをとったクリステイ・ヤマグチが、彼女が企画するファウンデーションのプロモーションのためのイベント”Golden Moment in Hawaii" のために、日本とアメリカのトップフィギア・スケーターを引き連れてくるっていうから、外せない!と思った。

私は、体操という競技をやってきたが体操とフィギアスケートは実は、同じような宿命を持っているのだ。どちらも技を競わなければ競技にならない。体操であれば、何回転回ったか、着地はどうだ、など。スケートで言えば、やはり、トリプルアクセルを飛んだとか飛ばないとか、しりもちをついたとか・・・・そんなことで、減点していくスポーツだ。そこにプラス芸術点が入る。この芸術点は、ジャッジによって好みがあるので差が生まれるのは確かである。現役時代の選手は、それぞれの採点方法に沿った演技構成をしなければいけないので、当然自分の不得意なものも入れ込まなければならないわけだ。

私が今まで見てきたTVの中の、荒川静香なり、安藤美姫は、その競技をしている彼女たちだ。もちろん、荒川静香は私と同じ仙台出身ということもあり、親近感を持ちながら、ドキドキしながらTVにかじりついていた。彼女の得意とする、イナバウアーを、ここハワイで、目の前で見られたことは、非常に、非常に、うれしかった!

安藤美姫は私の覚えている限り、オリンピックでは、不運だったような気がする。本当の実力を出し切れず…という感があって残念だった。私もよくわかるのだが、自分の持っている力を出し切れなかった時ほど残念なことはない。その後の様々な報道があったが、それを払拭して、私の前に演技を見せてくれた。

感動した。

正直言って、現役時代の彼女よりも、数倍素敵だった。

表現力が数段まし、人としての魅力を演じ切っているように感じた。これが、芸術、の部分だと思う。いわゆる私が好きな、アートだ。

その他にも、もちろん、クリステイ・ヤマグチのリーダー力と、ファウンデーション(文盲をなくそうということのために本を寄付したりしている。今回もハワイの数校の小学校に寄付をしてくれたそうだ) の確かさには感心した。更に彼女の二人の娘もそれぞれ、フラダンサー(長女)、フィギアスケーター(次女)として演技を披露していたから、楽しそうでいいな~と思った。

Kurt Browning は、カナダのスケーター。おちゃめで、演技の幅もシリアスなダンスからコメデイまで、かなりの役者で、私は、気に入った!

これだけの豪華な顔ぶれが、ここハワイにまた集まるか?これで最後かもしれないな‥‥なんて思い、でも、次にまた来ることを期待して会場を後にした。

https://www.alwaysdream.org/

金曜日のショウに行ったが、席はかなり埋まっていた。



クリステイ・ヤマグチ、荒川静香、安藤美姫、佐藤有香、4人のトップメダリストたちの共演。


ブライアン・ボイタノ、ジェレミー、カート・ブローニングの3人のコミカルなナンバーは会場が盛り上がった。


#ハワイ #ハワイの新着情報 #ハワイのイベント #エンターテイメント #ククイのブログ #アート

12回の閲覧

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com