Hapalua Half Marathon


2016年4月10日、日曜日の朝、3時半に目覚ましをセット。朝食の支度を少しして、怪獣君が食べる、チャーハンを作り、4時半に家を出た。

怪獣君の高校のファウンドレージングのため(ボランテイアをした団体に寄付をしてくれる)5時集合という朝のシフトのためだ。もちろん、これは、来年度の学校でのサッカーのためのもの。

ワイキキのカラカウアアベニューにある、デュ―ク・カハナモクの銅像前からスタートをして、まずは、西に走る。アロハタワーのほうを回ったら、さらに東のダイヤモンドヘッドを目指して、カラカウア・ストリートを走る。フィニッシュは、カピオラニパークを一周して、バンドスタンド前。ハーフマラソンの、Hapalua Hawaii;s Half Marathonは、年々参加者が増えている人気のイベントだ。

私が、手伝った場所は、スタートにより近いと思っていたら、最後のほうだった。カピオラニ公園を背中にし、動物園を見ながらの応援。朝の5時には、給水地点の準備に入り、 6時前にはスタートしてくる選手たちのためにカップに水を入れておく。一緒に働いていたのは、セントラル・パシフィック・バンクの方々。

最初に走ってきたのは、女性の方。この方が、女性の一番なのだろうか?このレースで一番早かったのは、川崎市からいらした、日本人男性でした!そう…確かに日本人の参加の方が、多かったと思う。こうやって、スポーツイベントに気軽に参加できて、楽しめるのは、ハワイのいいところでもあると思う!ハーフマラソンは、そういう意味では、初心者の方の参加にはもってこいかも、と給水所にいて、そう思った。というのは、走る準備をしていないだろうな…という人が、たくさん歩いていたからだ。でも、そんな楽しみ方、人それぞれの楽しみ方ができるのも、市民参加型マラソンのいいところかもね。ただ、真剣に走ろうと、チャレンジしている人には、少し走りにくかったようにも見える。暑くなってくると、当然、給水所の前は混む。止まってしまう人も多い。走っている人は、止まりたくないから、走りこんでくるけど、人がたかっているとそういうわけにもいかないよね。そんな、場面を何度か目にした。

この日の最後の走者は、ハワイの地元の、レジェンド的ギタープレイヤーのLedward Kaapana さん。

そして、多くの奏者が、ボランテイアの人にもエールを送り、ありがとうの言葉をかけていく。そんなやり取りが、うれしい、ボランテイア参加でした!

皆さん、お疲れ様でした!!

来年の募集はもう始まってますよ。こちらから→ http://thehapalua.com/course-description/

カップはこうやって持ってください~!


ハワイ    Hapaluna

巨大なタンクに給水車が来て水を入れていきます。





#ハワイ #ハワイのイベント #健康 #ハワイのスポーツ #ハワイライフ #ククイのブログ