忘れてはいけない自然と共に生きること


熊本地震と命名された今回の地震は、いつもはあまり地震が起きないようなところだったようです。突然の震度7、そして昨夜の震度6は、お住まいの方々皆さんが恐怖の中過ごされたことと思います。どうやら、もうすこし注意が必要な状況になりそうですが、どうか、無事にお過ごしください。

私はが、15歳の時に宮城県沖大地震が起きた。

中総体の市の大会が終了して優勝カップかトロフィーを持っていた私は、とてつもない地震を経験した。

その後1週間ほど、水もなく、電気も無くガスもなく不便な生活だったことはよく覚えている。

埼玉にいる父の親せきが、お菓子やさんなのだが、おにぎりや、水、食べ物を沢山持って車で夜中、走ってきてくれた。すごい量なので、近所に配った記憶がある。

なので、5年前の東北大震災で何もできずに、ハワイから祈ることしかできなかった私は、非常につらかった。

私たちは、テクノロジーや文明の発達した現代に生きている。

もちろん、そのテクノロジーの恩恵で、こうやって、ブログを書き、情報発信者となっているものの、忘れてはいけないことがある。

人間も自然の一部である

ということだ。

いくら高等な道具を持っても、私たちは、人であり、動物であり、自然の中で生かされている。

それを忘れたら、きっと自然のしっぺ返しがどんとかかってくるに違いない。

そう私は思う。

今年の冬は、ハワイに異常なほど雨が降らなかった。この写真は、2日前のダイヤモンドヘッド。茶色の山が物語るように、水不足が心配される。普通、ハワイの冬は、雨季。雨が降るから、緑も豊富なのだ。今年は、こんな状態。


少しの雨も、乾いた大地には、ホンのお湿り程度。降りすぎもつらいが、ほどほど降ってほしい。

中庸がいかに大事か。


#ククイのブログ #アロハフライデー #ハワイライフ

6回の閲覧

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com