ハワイローカルフード(1)”マラサダ”は外せない!


すっかり、メイドインハワイのスイーツとして定着した”マラサダ” 意外と、あちこちで作られている。もちろん、有名どころでは、レナードのマラサダ。最近は、ジッピーズや小さなベーカリーなどでも売られるようになった。そうそう、チャンピオン・マラサダも長く続いてる。場所は、べリタニア通りのプナホウストリートの手前。車じゃないといけないのがなんだけど、ローカルはここもよく利用する。レナードよりう値段が安い。85セントで売ってたけど、今はどうかな?レナードは、一個1ドル50㌣になっちゃったから、この差は大きい。ジッピーズもいドル以下で買えるけれども、大きさが、かなり小さい。ので、レナードに軍配が上がる!

もともと、移民の国ハワイ。マラサダもポルトガルのお菓子で、その昔に、ポルトガルからマウイへ出稼ぎに来たレナードのお父さん。その後レナードが生まれ、1946年に奥さんのマーガレットと共にホノルルへ。1952年には、レナードベーカリーをオープンしたそうだ。この老舗のベーカリーなかなかうまくいかず、レナードのママが、”ポルトガルの代表的なマラサダを売ってみては・・・” の助言で作り始めそれが大ヒット!今に至ってるわけです。こうした、それぞれの国の代表的な食べ物がハワイで大ヒットしているのはほかにもいっぱいあります!

ハワイに来たら絶対に外せないものの一つ、マラサダ、お試しあれ!

*Leonard's Bakery( レナード・ベーカリー)

933 KAPAHULU AVE (808)737-5591 5:30am-10:00pm

ワイケレのワゴンは 6am-9pm オープン。

* Champion's Malasada(チャンピオン・マラサダ) 

1926 S Beretania ST. Honolulu HI 96826 808-947-8778 6am-7pm (日曜日は、6:30am-4pm)

腹ペコのサッカー少年たちのためにワイピオのサッカーコンプレックスに近い、ワイケレのワゴントラックで2ダース≪24個≫のマラサダをゲット。朝から列ができていた!場所は、ワイケレ・アウトレット・ショッピングモールのOld NavyやK-martがあるところの、駐車場。この赤いトラックが目印。


出来立てほやほやのマラサダ。私は、いつも、プレーンをオーダーするけど、沢山すぎるお砂糖が嫌なので、砂糖を少なめにね!とお願いする。Light sugar please と言えば、OK.

マラサダ自体に甘みがあるので、砂糖を減らしても大丈夫。

外はカリッ、中はフワフワで時間がたってもしおれません!


#ハワイの食文化 #ハワイのお店情報 #ククイのブログ #ハワイのグルメ #ハワイライフ

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com