テイーンエイジャーの言葉


ここはハワイ、そしてアメリカ。俺が俺が!が多いアメリカ。

”でも、僕はチームのために働くよ”と、怪獣君は言った。

実は、アメリカの中でも求められているのは、このタイプの人間であるということに果たしてどれだけの人が気付いているのだろう?

さらに言った。

”お母さん(怪獣君も幼女も私のことをお母さんと呼ぶ。英語だと、マムだけど) は、ラッキーだよ。”

どうして?

”だって、僕は、ドラッグもやらないし、食べることに気を配ったり、いい友達も選んでるし。ペアレンツの影響が半分はあるよ”

”努力したことが報われてる感じがするよ”

怪獣君のそんな言葉が、ずんと胸を打った

…でもそれって当たり前でしょ?

”いや、そうじゃない人いっぱいいるよ”

決して立派な親ではないけれども、誠実に、元気に、生きている私たちを見てそう育ってくれた、ようだね。まだまだ未熟だと思ってたけど、結構人として育ってきている。

きのうの高校サッカーのオアフ島セミファイナルでは、自身も1点入れ、さらにフリーキックでアシスト。チームのために働くって言ってた君の試合を見れてうれしいよ。

さらに飛躍して未来を勝ち取ってほしい。

昨日は、西側にあるカポレイハイスクールが会場。敷地が広く、きれいな学校。ナイター設備も当然完備。



朱に交われば赤くなる。

#ハワイ #スポーツ #ハワイのスポーツ #サッカー #ククイのブログ

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com