アメリカ・ハワイでのスポーツのリスクマネージメント



ハワイでは、いやアメリカでは、リスクマネージメントへの考え方が断然強い。コンタクトスポーツと呼ばれるサッカー―やラグビー、アメフトなど体が直接触れることの多い競技をさす。柔道やレスリングなどもこれに入るだろう。とくにConcussion と呼ばれる、脳震盪や膝のジンタイ損傷などを非常に気を付けるようなシステムを作っている。

私自身は、コンタクトスポーツを本格的にやってはいない。体操は、それには当てはまらないからだ。しかし、リスクの高いスポーツ競技と言えるだろう。実際、私も大きな怪我を2度経験したアスリートである。

指導者も、そしてそこに関わる人さらに選手や家族もある程度の知識を共有することが大切と考えているようで、特にここ数年は、厳しくなっている。

サッカーのチームマネージャーを10年近くやっているが、最近は、その資格を得るのにもこのリスクマネージメントのテストを受けなければいけなくなっている。つい最近受けたばかりなので、まだ私の記憶に新しい。意外に難しかったな~

昨日は、怪獣君の高校サッカーのトライアウトを来週に控えて、親と選手へのリスクマネージメントのワークショップだった。毎年同じ話なので、私は途中退席してしまったが、これに参加し、ペーパーにサインをして理解し、了解したことを署名しなければ、試合はおろか、練習も参加できない。

さらに、その中には、成績が、すべての強化の平均値2.0以上でなければまたは、現在の成績から下がったら参加はできないとある。あくまでも、学業ありきだ。この考え方は、いいと思う。私の子供たち2人にもいつも、成績を下げたら自分のしたいことを続けられないよ、というルールにしてきた。文武両道を期待してのことだ。

それは、大学進学にも大きい影響を与えるからだ。

たとえ良いサッカー選手でも、ある程度の成績を治めなければ、推薦されない。

怪獣君の高校は昨年者ワイステートの準優勝チームだ。怪獣君は、キャプテンだ。今年は、最上級生として、さらにリードを期待されているようだ。すでにコーチから、デイフェンスの強化担当を言われているらしい。それは、彼にとっても良い勉強になるはず。


#ローカルハワイ #ククイのブログ #サッカー #ハワイのスポーツ

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com