明日水曜日は、Walkouts day!


アメリカ全土に衝撃が走った。

それはひと月前、フロリダの高校で起きた、無差別で17人の命を奪ったあの事件だ。

アメリカでは、無差別で人を撃つ、そして、学校という一番安全でなくてはならない場所での銃射殺事件が後を絶たない。州によっては18歳で銃を手に入れられる。それもかなり簡単にだ。

この事件は、大人のみならず若い高校生たちをも、震撼させた。我が家の怪獣君もあの事件の後、もしも自分の通う学校で起きたらどうするか?怖いことだ、と話していた。

そして、遠く離れたハワイでも何かができないか、とテイーンたちは考えていたのだ。

ダンス仲間の娘Teiaは、怪獣君と同じ高校に通う。そして、明日10時に17分間教室から出て銃規制の法の改正を訴えるWalkouts day を企画した。公立の学校で、このようなデモ行動を許可を取って行うというものだ。若い彼らの声がアメリカの銃を売り物にしている大人たちに、どこまで届くのか、期待したいところだ。

英文での全文記事はこちら→ Honolulu Civil Beat

以下はサイトより一部抜粋。

”We may be safe in Hawaii but students in most other states are not,” said O’Malley. “Just because we are far away from Florida does not mean that we can dissociate ourselves from this problem. Hawaii is geographically isolated from the rest of the country but we cannot use distance as an excuse to not get involved.”

”ハワイにいれば安全かもしれない。でもアメリカのほとんどの他の州はそうではない。フロリダから遠いということは、この問題から遠ざけるという意味ではないのだ。ただ単に離れているからと言ってそれを理由に何もしないで手をこまねくことはないのだ”

彼らの声が、確実に届くことを祈りたい。


写真はイメージ画像です。

#ハワイニュース #ローカルハワイ #ククイのブログ #教育 #ファミリー #ハワイで子育て

10回の閲覧

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com