© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com

  • Hawaii Life Journal

Pacific Rim Cup'19に参加のIwaki FC を追いかけてみた!

最終更新: 2019年6月7日


昨年に引き続き、Pacific Rim Cupに参加するIwaki FC (いわきFC) は、福島県いわき市のチームだ。今回参加する4チームの練習時間を教えてもらい、練習風景を見ることにした。チームマネージャーをやっていたとこから、練習を見ることが好きだった。ましてや、プロのチームの練習はどんなものなのか、非常に興味があるのだ。私は、仙台出身だから、いわき市に近い!と勝手に応援することに決めた。

チームのことを調べて行くと、これは、なかなか面白いチーム作りをしているチームだということがわかってきた。そして、とてつもなく大きなぽーテンシャルを持ったチームなのではないかと、わくわくしてきた。

チームのオフィシャルツイッターを通して、昨日は、あの急坂で心臓破りの直線ハイキングコースで、中級以上と言われているここヘッドをランニングしていたのを見て、あ!すごいじゃん!と思った。そして、ユニークなフィジカルトレーニングに、非常に興味を持った。いわきFCの合宿、と言っているようだが、まさに合宿の鍛え方だ。週末にゲームを控えているとはとは思えないほどの、強力な練習を消化しているようだ。

どうやら、いわきFCは、最先端を行くフィジカルトレーニングそして食事の管理をしているそうだ。更にアンダーアーマーの出資といわき市の協力で、チームの専用フィールド、クラブハウス、クラブ専用バスと地域一体型のスポーツ施設になっている。ますます興味深い!

マーケテイング本部チームリーダーの川崎さんは、

“リーグ戦は、4月から始まるんです。まだうちのチームは、庶民レベルですから”

と話してくれた。その時にはどういう意味かよく把握できなかったが、調べてみると、なるほどそういうことか、と納得。実は、いわきFCは、Jリーグの1でも2でもそのまた3でもなく、福島県いわき市をホームタウンとする社会人サッカークラブで、Jリーグ加盟を目指すクラブの一つなのである。

以下、ウィキペデイアから。

2012年に創設されたサッカークラブで[2]、2013年に「一般社団法人いわきスポーツクラブ」を設立し法人化[3]。

大きな転機が訪れたのは2015年12月のことである。「スポーツの産業化」をキーワードに打ち出す、アンダーアーマーの日本総代理店・株式会社ドーム(東京都江東区)社長の安田秀一と、同学年で、「前に前にとゴールを目指すのがスタンダードになっている」世界のサッカーと「落ちない(降格しない)ように戦っているようにも見える」Jリーグとのギャップを感じていた湘南ベルマーレ代表取締役社長の大倉智が意気投合[4]。ドームが子会社「株式会社いわきスポーツクラブ」を設立[5] し、いわきFCの運営権を一般社団法人いわきスポーツクラブから譲り受けて[6]、クラブ運営に本格的に参入。大倉は湘南社長を退任して株式会社いわきスポーツクラブの代表取締役社長に就任した[7]。

ドームへの運営移管後、「スポーツを通じて社会を豊かにする」という理念の下、「いわき市を東北一の都市にする」「日本のフィジカルスタンダードを変える」「人材育成と教育を中心に据える」というクラブビジョンを掲げている[8]。選手は全員アマチュア契約(契約社員)で、午前中に2016年春に完成したドームの物流拠点「ドームいわきベース」の敷地内に設けられた練習場「いわきFCフィールド」(2016年11月開場)[9] と商業施設併設のクラブハウス「いわきFCパーク」(2017年6月10日開業)[10][11] を拠点に練習を行い、午後は「ドームいわきベース」でドームのスタッフとして働くという、いわゆる社員選手という形の生活を送っている。ドームのノウハウを生かしたフィジカルトレーニングを主体とした練習に特徴があり、選手全員が専門の栄養士が管理する食事を原則3食取り、サプリメントの供給を受けるなど、選手の肉体強化に主眼を置いた練習方針となっている

そして、結果を出しているというからさらにすごい!

興味が、がぜんわいてきた。

今週末の試合では、MLS のウェスタンコンファレンスの8位である、リアルソルトレイクと対戦するが、いわきFCの鍛え上げたフィジカルが、アメリカのフィジカルにどこまで通じるのかこの目で見たいと思ってる。そして日本の組織的さっかーをこの目で見てきます!

今日の練習で、一番若い選手は?と聞いたところ、息子と同じような歳のプレイヤーを3人紹介してくれた。2019年加入が決まっていて、今回のハワイ合宿に来ている、鹿島アントラーズユースから増崎 大虎選手, チリ国籍がある青森山田高校3年生の バスケス・バイロン(Byron Vasquez)選手、履正社高校3年生の寺村 浩平選手。

ごめんね、無理やりシャカをしてもら


パシフィックリムカップ公式ウェブサイト

https://pacificrimcup.com/

いわきFC 公式ウェブサイト

https://iwakifc.com/

#ククイのブログ #サッカー #スポーツ #ハワイの新着情報