• Hawaii Life Journal

ハワイアン・クラフトビールの ”ラニカイ・ブリューイング・カンパニー”

最終更新: 2019年6月7日



その時代、ハワイではほとんど入手不可能なクラフトビールをシェアすることに情熱を傾けていた自家醸造者がラニカイ・ブリューイングの創設者たちでした。 ハワイでは、ビールの自家醸造は法律的にもオッケーらしいのでかなりの愛好家たちがいるそうだ。同席したMikiさんの旦那様もその一人と聞いた。知らなかった~

2011年に会社が設立して、それ以来、ラニカイ・ブリューイング・カンパニーは、カイルの地元のフレイバーを使って醸造し続けてるのだそうだ。ラニカイ・ブリューイング・カンパニーは、POG(パッション・オレンジ・グアバ) ビールスタイルと呼ばれ、さらに、野生からの酵母を採取して大きなバレル熟成のサワークラフトビールスタイルで成長と革新を続けている。

6種類のビールを試飲(私はあまり強くないから、一口ずつ飲んでみた) したが、どれも、ABV(アルコール度数)が高く、最後に飲んだビールは、11.5%というのもあった。

2019年には、サイダー、ミード(はちみつ種、飲んでみたい!)、ワインやシャンパンなどハワイのすべての島からインスピレーションを得て製造するという、自社の<スピリッツ>(醸造酒を蒸留して作った酒、アルコール度数が高い) を始めることを計画中。さらに世界的にもビールのマーケットが激しいアメリカ本土のワシントン州やオレゴン州にも販売網を拡大している。その後、オーストラリア、出来れば日本にも進出したいと考えてるそうだ。

カイルアの繁華街から一本外れた場所にあるお店には、仕事帰りの人たちや、ベビーカーを押してくるママたちの姿も見られた。ファミリーフレンドリー, サービスドッグもオッケーですよ。そして、お店の前に、日替わりでフードトラックがやってくる。もちろんフードの持ち込みオッケー!この日は、タコスのトラックが止まり、お客のおなかを満たしていた。

こんな風にふらっと立ち寄れるお店があり、さらに出来立てのフレッシュなビールが飲めちゃうカイルアの人は幸せだな~

アーテイスティックなラベルが素敵だ、飲み終わったら飾っておきたくなる。


この日ふるまわれたビールは、ラニカイ・ブリューイング・カンパニーの名前いり。ほしい!


仕事を終えた従業員らしい人も。


気を付けないと素通りしてしまう、シンプルな店構え。


この看板が目印だ!



ワンブロックほど先にある醸造所。


Tap & Barrel

167 Hamakua Drive,Kailua HI 96734

営業時間:11am-10pm *ラストコールは9:50pm **休みなし

https://lanikaibrewingcompany.bigcartel.com/

#ハワイのレストラン #ハワイの文化 #グルメ #ローカルハワイ #ククイのブログ

© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com