観光客も在住者も自宅待機令が出た!3月23日(月)午後4時半から

3月22日、日曜日の午後3時。

ホノルル市長の声明が出ました。


”Stay at home, work from home order"


これは、昨日までとは一転して、観光客も在住者も自宅待機を3月23日(月)午後4時半から4月30日までしなければいけない強い要求となりました。



市の要請で、ビーチパークなどの閉鎖をしたにもかかわらず、カイルアビーチや、ワイキキビーチにはたくさんの人が訪れました。これからは、在住者であろうと観光客であろうと、自宅待機をしないといけなくなります。それも4月30日までです。あ~

もちろん、社会的距離(約2メートル)を開けてのランニングや犬の散歩、スーパーの買い物や、ガソリンスタンドへ行くなど基本的な生活は規制されていません。



つまりは、遊びに行く、娯楽的なことはすべて中止してくれということなんです。



参考にしたのは、→Star Advertiser


以下は、その対象から除外されるものです。



ヘルスケア事業と基本のインフラ 食品およびその他の家庭用消費財の小売販売に従事する事業所 食品栽培 ホームレスまたは貧困層の個人向けのサービスプロバイダー 新聞、テレビ、ラジオ、その他のメディアサービス ガソリンスタンドと自動供給、自動修理、および関連施設 銀行および関連金融機関 ホームセンター メンテナンスサービスプロバイダー、つまり配管工、電気技師、害虫駆除業者など 郵送、配送、配送サービスを提供するビジネス 通信教育を提供する教育機関 ランドリーサービスプロバイダー 食料を準備および提供する施設、ただし配送または実施のみ 在宅勤務に必要な製品を供給するビジネス 運営に必要なサポートや物資を他の重要なビジネスに提供するビジネス 航空会社、タクシー、その他の民間輸送機関 高齢者、成人、または子供、および/または発達障害のある人々のための在宅ケア



高齢者、成人、子供、および/または発達障害のある人々のための住宅施設とシェルター 法律サービスや会計サービスなどのプロフェッショナルサービス この注文で免除された従業員が許可されたとおりに働くことを可能にするサービスを提供する保育施設 食糧、避難所、およびその他の生活必需品を動物に提供する事業 葬儀、埋葬、火葬、埋葬、墓地、および関連サービス 重要な取引 不可欠な活動である重要な労働組合機能



これまでの生活からするとかなりスローダウンせずにはいられなくなりますね。

暗いトンネルの入り口に来たような感じです。


心配なのは、子供たちやエネルギーいっぱいの若者たち。

・・・うまく乗り越えてほしいわ。


私の仕事は、子供たち相手の体操の先生ですから、当然、クラスはすべてなくなるでしょう。突然やってくる長い休暇。どう過ごすか、前向きに検討し始めます!



もしかしたら、私たちのライフスタイルの見直しを、しなさいと言われているのかもしれませんね。






© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com