自宅待機令3週間が過ぎて…

ハワイに自宅待機令が出て、非常事態宣言をハワイ州が出してからは、目まぐるしく情勢が変化していきました。それこそ、毎日、やってはいけないことや、どこを閉鎖するとかしないとか、外に出るときにはマスクをつけた方がいいとか・・等々についていくのが必至って感じです。それでも、ほとんどのハワイの人たちは、それを受け入れ(ざる得ない)頑張っています。一部の自分勝手な人はいたとしてもほとんど従ってるんです。


お店が閉まるのも、仕事を家でやってくださいという要請も受け入れざるを得ない感じがします。そこは切り替えが早い、アメリカの人たち。ピンチをチャンスに変えろ‼的なこともたくさん出てきてるし、ハワイならではのアロハの精神で無料のツールやダウンロードができたり、アンジーのようにマスクを作って配っちゃう人も出てくるわけです。



アンジーについて書いたブログはこちら→ Hawaii Life Journal




アンジーが送ってくれたマスクの一部はこちら。ありがとうございました!

ちなみにこのマスクは、丁寧にリバーシブルになっています。




自宅待機要請が出ても全く外に出てはいけないということはありません。買い物にも行きます。ランニングにも行きます。それらは必要なことだからです。

ただし、SafewayやCostcoなどのストアでは、中に入る人数制限を始めていたりして買い物をするのにも時間がかかるようになってきました。それから、いまだにトイレットペーパーや消毒用品は品薄ですね。肉の買い占めなどのピークは過ぎたようです。苦笑



入るまでの列がぐんぐん伸びて(距離を2M ほど開けるように徹底しています) 入場までが15分ほどかかりました。




近くのファーマーズマーケットはオープンしてましたが、距離を開けて待っています。




ハワイのニュースキャスターも、スタジオでは、社会的距離を開けています。最近では、自宅からニュースを読む人も多くなりました。





ワイキキでは、こうやってビーチにいることは禁止されています。警察官が見回りをしています。退去をすぐにしないと罰金または禁固刑です。(写真は友人からシェアです)





近所を歩いていたら、公園の敷地を犬の散歩をしていた人が職務質問を受けていました。パトカーが入って行くのが見えたので撮影できました。なんだかね~悲しくなってしまいますね。多分この方は、注意勧告だけで済んだと思うのですが、これも、今では、罰金($5000以下)または、禁固刑です。






アメリカ全土にも言い渡されたようだけど、ハワイでも、着用が望ましいというもんだからマスクをした人がわんさか出てます。少し前のハワイでは、ありえない風景です!それも、コットンで作ったものというものだから、今では、布地屋さんが大儲けらしい!私は、マスクを持ってなかったので、ハンカチでマスクしてみたけど、強盗になった気分でした。大笑

これ、ジョークじゃなく本当にしたんです…




そしていよいよ、私の勤めるダンススクールもオンラインクラスが始まりました。これについては、いろいろ思うところがあるので、また後程ブログに書いておきます。




日本でも、いろいろと情勢が変わってきてるようです。日本にいる妹たちが、悲鳴を上げ始めてますが、まだまだこれからです。とにかく、まずは、自分たちがかからないように健康管理をしっかりして、病院のお世話にならないようにすることです。それにしても、あめりかのある専門家は、事態の収拾には18か月ぐらいかかるのではないかとみてる人もあるらしい。それでは、経済が死ぬどころか、人々の生活を大幅に変えないと生きていけなくなってしまう。実は、そんな岐路に立たされているのか?





4がつに入ってハワイの花々が一斉に咲いた感じがします。歩いていると、花の甘い香りがして私の一番好きな季節になったな~と感じます。



もしよろしかったら、Hawaii Life Journal のTwitter,IGがあるので遊びに来てください。

Twiter- @Hi_lifejournal

Instagram - @hawaiilifejournal







© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com