インドアマスク義務解消後の生活

3月の終わりに室内のマスク義務を解消し、私も、マスクなしで教えることができるようになりました。これは嬉しいことだったはずなのですが…以外にも子供たちは、マスクをしたままクラスにくる子が多いのです。学校では、今年度いっぱいは、教室でのマスク着用は義務です。その影響かなあ。


とはいえ、学校が開催するプロムなどでは、開催後にクラスター発生のケースを数件聞きました。なかなか、コロナと無縁の生活ができないのが、歯がゆい限りですね。



そして、メインランドからは、多くの旅行者が入って、ホテルの稼働率もかなり良いらしいです。このゴールデンウィークは、日本からの観光客も来てるらしいですよ。とはいえ、コロナ前の一日に何千人もの人がハワイに来るという状況ではないのです。


明日で、4月も終了し、5月1日には3年ぶりに、レイデイのイベントが開かれます。


先ほどニュース速報が入りました。


ハワイの最低時給賃金を2022年の10月には$12、2024年までに$14、2026年までに$16、そして2028年には$18になるということが、議会で可決されたというニュースが入りました。

このこと自体には、働く身となるものにとってやった~!!という感じになるのですが…

中小企業にとってこのことは必ずしもプラスというわけにはいかないのです。

働く人の最低賃金を上げると、そのために、モノの値段(例えば。レストランのメニューなど確実に上がるでしょう)が上がるので、実質的には、私たちの生活を圧迫していくのではないでしょうか?


これは日本も同じでしょうが、モノの値段が、ガソリンを筆頭にどんどん上がっていくので、買い物に行くとため息でいっぱいです。苦笑

上手に節約をしてしのぐしか方法はないのかなあ。


長いコロナのパンデミックを抜け出せそうななハワイですが、生活を圧迫する要因が多すぎて、今から頭が痛いのが現状です。