健康維持を心がけるっていうのは日々の積み重ね

更新日:7日前

4月末に誕生日がやってきて、更に還暦に近づいた。子供たちにも手がかからなくなったが、心配するのはお金のこと。これからは、しばらく続く大学ローンの返済もある。


子育ての時には、自分のことは二の次だった。夫の健康を心配し、子供たちが病気になると駆けずり回っていた私だ。私が倒れたら、とたんにいろいろな事の歯車が狂いだす。スケジュールの管理は私だからだ。だから、少々の無理をしても動いていた。


それが、長女は社会人になり、下の息子も21歳の大学3年生になった。もう子供の世話に走り回ることは卒業している。そこへ、2020年のコロナ騒ぎ。もちろん今もまだ続いているわけで、いったい、いつになったら収まるんだ!という怒りも通り過ぎて少し諦めの気持ちになっている。


そのコロナ禍、時間がぽっかり空き、オンラインクラスを教えるという過酷な生活が待っていた。何が過酷かというと、スタジオで教えている時よりも、自分がデモンストレーションをしたりすることが断然増えたこと。そのころ、肩の痛みや腰の万年の痛みがあって、あ~動けなくなってきたなと感じていたから、自分を鍛えなおさないといけないな!と思っていたのです。



そうやって、自分の体力の回復(長い時で、一日5時間半教えるってさすがに体力を消耗した)と筋力の維持を始めたのだ。

初めて3か月ほどで、少しすっきりした感じが自分でもしてきた。他人からも、そういわれた。その後、少しずつ運動の量を増やして、秋に、主人が週3回の休みになってしまった時、(もちろん会社の都合で、休まなくてはいけなくて、さらに自分の休暇を逸れに充てられて消化させられたのだ)時間に余裕ができたので、ハイキングに行こう!と誘たのがきっかけで、多い時には、週に2回ほど二人で歩きに行った。


筋力トレーニングは、週に5日ぐらい一人でやり、主人とのハイキングが続いてきたある日、体重を測ってみたらなんと、13-15パウンドも減っているではないか!多分5-6キロやせたんだと思う。


ここで私がやったエクササイズは、やせるためのものではない。

食事も減らしていないし、好きなものを好きなだけ食べていた。


年が明けて2021年。

クリスマスに戻ってきた息子に痩せたと言われ、友人たちに痩せた?と聞かれるようになった。確かに、1月ごろに、もしかして痩せ始めてるのかな?と思って、アマゾンプライムの、Mrs. Maisel(ミセス・メイゼル) のように、腿とおしりなどをメジャーしてみることにした。


その結果、1月から5月初めまで、お尻回り ー3cm、腿回りー3cm という結果が見えて驚いたのだ。


体操の選手やダンサーもやるエクササイズなので、簡単ではないが、体のラインがすっきりし、かつ強くなり、しなやかになる!


健康な体を維持するとは、日々の積み重ねで、ただ単に体重を落とすというような無謀なこととは、違うんだな~と改めて考えたコロナ禍の私の健康記録である。



一番右端が2020年4月、中央が8月、そして左が2021年1月。腰回りや腿回りが断然引き締まったのがわかりますよね。自分でもびっくりして、記録に残しておこうと思います。










37回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示