生き残ったMegs Drive-In

Megs Drive-In(メグズ ドライブイン)は、いつも地元の人に安くておいしいものを提供してきたプレートランチ屋さん。オーナーのAkiraさんは昔にそう話してくれた通り、今でも変わらないコンセプトでお店を続けている。





2か月前にハルノちゃんが日本に戻ることになり、空港に送る途中に、ここによった。ビーフシチューとフレンチフライを持たせて見送った。そう、ちょうど自宅待機令が出て、世の中がどんどん変わっていったころだ。もう2か月たってしまったのにびっくりしている。



昨日は、近くまで来る用があったので、(実は我が家からは遠いのでそうしょっちゅうはいけない)寄ってみた。2か月の間にお店はちゃんと残ってるのだろうか?閉めてないよね?なんていう思いが巡ったが、いやいやそんな心配はよそに、沢山の車が止まってるではないか!



Akiraさんの奥さんがレジにいて、

”あら、元気だった?”

の声にほっとした。そう、お店はちゃんと続いていたのだ。




この2か月どうだった?お店が閉まってないか心配だったよ。

すると、


予想に反して、大繁盛してたの。お店の前が大きな工事をしているのに、お客さんは来てくれるし、それに、ダイニングインできないでしょ、片付けも減って私たちにとっては予想以上に良い波だったわ。


ハワイのレストランは、どこも大苦戦してると聞く。が、しかし、テイクアウトで十分やっていけるお店もあるのだ。地元に根差し、地元のお客さんが変わらず来てくれるのは、日ごろ、Akiraさん達が安くておいしいプレートランチを提供し続けてきたからだ。ハワイの人は、裏切らない。普段からそれなりのサービスを提供してることを知っている。だから、恩返しがやってきたんだ。


続けることに意味がある。


確か、こちらもやはりお店を開け続けてピンチを乗り切った、お結びとお弁当の店 Iyasume さんも言っていた。



ハワイは、6月30日まで自宅待機が続く。

その間に、少しづつお店が開きビジネスが再開されていく。

犠牲になるのは、子供たちだけっていうのは少し解せないが、氷をゆっくり解かさないと、きっと第2波が思ってる以上に厳しいものになると予想されるのだろう。


私の仕事は子供相手だ。

急なオンラインクラスへの変更はすごく心配だったけど、案ずるより産むがやすしになった。この夏を、オンラインで乗り切る自信もついた。子供たちの夢ややる気だけはそぎたくない、そんな社会を作ってはいけないよね。




とにかくボリュームがすごい!カリカリのチキンカツが2枚載ってるチキンカツカレーはこれで$10!今日のスペシャルのアヒステーキは$9。




© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com