ホノルルでの展示を9月26日(日)まで延長決定!ハワイコンベンションセンターでの体験型展覧会「ビヨンド・ファン・ゴッホ」

更新日:7月20日



ハワイ州ホノルル – ファースト・ハワイアン・バンクが主催するフィンセント・ファン・ゴッホの没入体験型展覧会「ビヨンド・ファン・ゴッホ:イマーシブ・エクスペリエンス(Beyond Van Gogh:The Immersive Experience)」は、大好評につきチケットが完売したことを受け、ホノルルでの展示を9月26日(日)まで延長することに決定いたしました。
会期延長および開館時間の拡大に伴い、現在ウェブサイト(www.vangoghhonolulu.com)にてチケットを追加販売しております。本展は、パンデミック以降初めての大規模なパブリックイベントの一つとして、ハワイのみならず世界中から幅広い年齢層のお客様にご来場いただき大盛況を博しています。


ハワイ州ホノルル – ファースト・ハワイアン・バンクが主催するフィンセント・ファ ン・ゴッホの没入体験型展覧会「ビヨンド・ファン・ゴッホ:イマーシブ・エクスペリ エンス(Beyond Van Gogh:The Immersive Experience)」が、2021 年 7 月 2 日(金)よ りホノルルのハワイコンベンションセンターにて開催されます。入場券の販売は 5 月 27 日(木)8 時より www.vangoghhonolulu.com にて開始します。







ビヨンド・ファン・ゴッホ展は、フランス系カナダ人のクリエイティブ・ディレクター であるマチュー・サン=アルノー氏と、モントリオールにある世界的に有名なノアマ ル・スタジオのチームによって制作されました。300 点を超えるフィンセント・ファ ン・ゴッホの代表作を 3D 映像で再現した空間は、人々の五感を刺激し、まるで絵画の 世界に入り込んだような“没入(イマーシブ)体験”を提供します。ヨーロッパで大成功を収めたファン・ゴッホのデジタルアート展は、近年米国でますま す注目を集めています。ゴッホの膨大な作品を蘇らせることに挑戦したビヨンド・ファ ン・ゴッホ展は、世界的な AV デザイナーによる最新映像技術を駆使して名画を個性豊 かに表現。ゲストは、ゴッホ自身の夢や構想、言葉を起用した物語と共に、光と色に満 ちた空間を歩きながら壁一面に投影された躍動的な花やカフェ、風景の鑑賞をお楽しみ いただけます。



ファースト・ハワイアン・バンクの会長兼社長兼 CEO のボブ・ハリソン氏は、「私共 は、世界的なイベントであるビヨンド・ファン・ゴッホ展のスポンサーとしてホノルル での開催に携われたことを大変光栄に思っております。絵画には人々を結びつける力が あります。デジタルと絵画を融合させた今回の没入体験型展覧会は、人々とゴッホの作 品を繋ぐ貴重な機会です」と述べています。 ビヨンド・ファン・ゴッホ展では、「星降る夜」「ひまわり」「夜のカフェテラス」な ど、誰もが知っている名作を含む 300 点以上の作品が、額縁から解き放たれた状態で展 示されます。現れたり消えたり、複数の面を流れるように映し出されたりと細部まで拘 り抜いた演出が人々の感性を刺激します。また、シンフォニックな音楽にのせて流れる ゴッホの言葉を通して、作品の素晴らしさを再認識することができるでしょう。ゴッホ の作品はこれまで、世界中の人々と絵画を結びつけてきました。ぜひこの機会に、ゴッ ホの新たな世界を体感し、芸術への理解をさらに深めてみてはいかがでしょうか。



ビヨンド・ファン・ゴッホ展は、州政府が定める以下の感染拡大防止対策を徹底した上 で開催いたします。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。


• 日時指定入場券の販売により収容人数を調整して混雑を緩和。

• 入口と出口を分けて誘導標識を設置。

• 接触機会の多い箇所を認可されたクリーニング製品でこまめに消毒・清掃。

• 会場内各所にハンドサニタイザーステーションを設置。

• 会場内でのマスク着用を義務化。





69回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示