ホノルル市のお金の使い方に物申す!

おはようございます。

9月22日(火曜日)、再延期された自宅待機令は明日までですが、興味深いコラムを見つけました。


2014年、Civil Beatは、9/11のテロ攻撃以降、島が国土安全保障省から数千万ドルを受け取ったことを報告しました。HPD(ホノルル警察)には、「化学的、生物学的、放射線、核および爆発」攻撃に対応するために使用されるBearCat(.50口径の発射物を撃退できる装甲車両)をすでに所有しています。ホノルルは本当にそのような兵器を必要としているのでしょうか?


コールドウェル・ホノルル市長がオアフ島に出している、再自宅待機・在宅勤務令は9月23日までとなっています。この特例が再々延期となったら、ホノルル警察はさらに警備・見回りを強化することが推測されます。でも、それは正しいことでしょうか?


ホノルル市長は、ホノルルのCARES資金の3億8700万ドルを12月31日まで使う必要があります。 9月10日現在、約1億9900万ドルが割り当てられていますが、約6900万ドルしか使われていないという報告があります。


市民は、ホノルル市長に連絡し、HPDが無駄に私たちのお金を使っていることを知らせることを勧めます。



連絡先はこちら、


Mayor Kirk Caldwell mayor@honolulu.gov 808-768-4141

City Council Chair Ikaika Anderson ianderson@honolulu.gov 808-768-5003


どうやらハワイには、多くのCare Moneyがあるようなのですが、それらの正しい使い方をしていない、もしくは、間違った使い方になりそうだ、というコラムです。

私たちの血税を、有効に使ってもらうのは、ありがたいことだし、正しいことです。

ワイキキビーチに、ATVが走り回るのは、やっぱり似合いません。これ以上多くのATVを購入したり、不必要なものを買いそろえるのは賢い選択ではないと思いますが、どうでしょう?






© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com