オアフ島の自宅待機令は2週間の延長が決定!


先ほどのホノルル市長の会見で、正式にオアフ島の自宅待機令 ”Stay at home、 Work from Home" 、の2週間の延長が発表されました。予測されていたとはいえ、今日の新感染者が66ににまで減少したので、ハワイの島民から希望の多かった一部がオープンすることになりました。が、基本的には、自宅待機。グループでの行動は、厳しく制限されます。これは、日本の方が思うよりも結構厳しい処置ですよ。



新しいオーダーのもと、再再オープンしたのは以下のものです。


・市営の公園、ボタニカルガーデン、トレイル、ビーチやコミュニティガーデンは木曜日からオープンされます。



これはオッケーになります!


・しかしながら、グループでの行動は依然禁止。上記の場所がオープンになっても、一人で行くことはオッケーのようです。一人なら、座っていても、本を読んでいても良いようです。



・バスケットコート、テニスコート、公営のプールや遊具のある公園は、この先2週間の間も閉鎖です。(子供たちは、公園で遊べないということになります)



それでは、ビジネスは?


・全ての、必要ではないビジネスは、2週間閉鎖を原則とする。

・サロン、ジム、小売店は閉鎖。

・チャイルドケア、ヘルスケア、教育関係はオープンが可能。


・全ての集まり・集会(どんなサイズのものも)も禁止。

・宗教の集会は、ガイドラインに沿って開くことは可能。




9月23日までの2週間で、ある程度の感染者の激減を期待したいところだが、その後の対応次第では、同じことの繰り返しを起こしそうで、何とも言えない脱力感が残ります。







© 2023 by My Weight Lost Journey. Proudly Created with Wix.com