「ハワイ・トリエンナーレ 2022」ロイヤル・ハワイアン・センターで現代アート展

ロイヤル・ハワイアン・センターでは、ハワイ州内各所で 11 週間にわたって催される国際芸 術祭「ハワイ・トリエンナーレ 2022」の一環で、2022 年 2 月 18 日〜5 月 8 日まで、世界的に 著名なアーティストによる現代アート作品が無料で一般公開されます。




ロイヤル・ハワイアン・センターの文化ディレクターのモンテ・マッコーマーは「才能豊か なアーティストの作品をロイヤル・ハワイアン・センターに迎えられることを楽しみにしてい ます。センターでは常に、世界中のゲストの方々にハワイの豊かな文化を体験いただける場を 提供しています。ハワイ・トリエンナーレ 2022 はハワイだけでなく、太平洋地域各国のアー ティストたちによる芸術に触れられる貴重な機会です」と述べています。



ハワイをはじめ、太平洋諸島のコミュニティ間の芸術における交流を目的とするハワイ・コ ンテンポラリー主催のハワイ・トリエンナーレ 2022(HT22)は、アート展以外にも年間を通じ て様々な公開イベントや教育プログラムを行い、地元ハワイのアート界の活性化と持続的な発 展を目指しています。



ハワイ・コンテンポラリーのエグゼクティブディレクターのキャサリン・ドン氏は 「『Pacific Century - E Ho'ommau no Moananuiākea』と題されたハワイ・トリエンナーレ 2022 では、メリッサ・チウ博士がキュレトリアル・ディレクターを、手塚美和子博士とドリュ ー・カフアイナ・ブロデリック氏がアソシエイト・キュレーターを務めます。今回の現代アー ト展では、環境問題、不公平と社会正義、先住民族の文化、21 世紀における植民地主義の歴史 などをテーマにした作品を展示します」と述べています。



HT22 のオープニングレセプションは、2 月 20 日(日)の午後 5 時から 7 時まで、センター C 館3階のコモンスペース(ノイタイ・キュイジーヌ横)で行われ、一般の方も無料でご参加 いただけます。出展アーティストやキュレーターとの交流をお楽しみください。定員がありま すため、早めのご来場をおすすめします。





ロイヤル・ハワイアン・センターに出展するアーティストの中でも「Double A Projects」の アテナ・ロブレスとアンナ・スタインは、“exchange(交換)”と”engagement(エンゲージメン ト)”をテーマに、コミュニティ構築のツールとして社会実験的なパブリック・インタラクティブ・プロジェクトを企画。2 月 18 日から 27 日まで、Double A Projects がセンターの A 館 3 階に非営利のポップアップ「Global Free Store」をオープンします。このショップでは、地元 の人々や旅行者が洋服や本、便利な日用品などを寄付して、気に入ったものを持ち帰ったり、 アーティストが手作りしたユニークなアイテムと交換することができます。



ミャオ・イン



このほかロイヤル・ハワイアン・センターの C 館 3 階で開催される現代アート展には、鳥光 桃代、鄭波(Zheng Bo)、孫遜(Sun Xun)、ハーマン・ピイケア・クラーク、ジャスティン・ユセ フ、ベアトリス・サンティアゴ・ムノス、ローレンス・セワード、久門剛史、ミャオ・インな どのアーティストの作品が展示されます。Global Free Store は 2022 年 2 月 27 日まで、アー ト展は 5 月 8 日までの開催となります。







HT22 の出展作品は、彫刻、映像、語りなど多岐にわたり、作品によってはお子様の鑑賞に 適さないものもありますので、お子様ご同伴時にはご注意ください。会場には注意書きが掲示 されます。

HT22 の詳細やプログラムのスケジュールは、https://hawaiicontemporary.org を ご覧ください。



ロイヤル・ハワイアン・センターへお越しの際には、駐車場のバリデーションをご利用くだ さい。10 ドル以上のお買い上げで、最初の 1 時間無料、2 時間まで 2 ドル、3 時間まで 4 ドル でご利用いただけます。3 時間以降は通常の駐車料金が適用されます。カマアイナとミリタリ ーの割引料金もございます。詳しくは、ヘルモアハレ・ゲストサービス(808) 922-2299 までお 問い合わせください。

センターについての最新情報はウェブサイト JP.RoyalHawaiianCenter.com をご覧ください。